今や常識!全身脱毛は結婚式前の身だしなみ?!嫁入り道具の一つ

女性にとって晴れ舞台である結婚式、そんな大事な時はムダ毛のないきれいな肌で迎えたいですよね。

セルフの処理では剃り残す可能性があり、ドレスは背中・ワキ・腕と見える範囲が広いので、結婚式前に身だしなみとしてちゃんと脱毛をしておくべきです。今回はそのために気になる脱毛時期やコースなどについてご紹介します。

ブライダルコースとは?

ブライダルコースとはエステサロン・美容クリニックで結婚式を控えた人向けにボディーケアや脱毛といった施術で構成された特別なコースのことです。全身脱毛をするには程度にもよりますが完璧に行いたい場合は10~15回の施術が必要になります。

費用はサロンやプランによって様々ですが10~25万円の場所が多いようです。もちろん全身脱毛でなくても希望する部位だけの脱毛を選べるコースもありますし、最近では痩身エステ付きのコースも人気になっています。

いつから始める?

ブライダル脱毛を始める理想的なタイミングは結婚式の1年~半年前です。なぜなら、全身脱毛をするためには10~15回の施術が必要になるので、期間が短いとその回数が確保できなくなってしまうからです。

半年前が難しいようなら3カ月前から始めても大丈夫ですが、その場合は体質によるとはいえ背中やビキニラインまでの脱毛になってしまうかもしれません。ただ、全身脱毛ではなく最低限見える部位だけ当日に脱毛できていればいいという場合は1カ月~2週間でも間に合うので、自分がどの程度の脱毛をしたいのかで開始時期を決めることが大切になります。

実は、冬が狙い目!

ブライダル脱毛を開始するならば、予約の取りやすい冬に始めるのがおすすめです。

薄着になる春先から夏にかけては一般のお客さんも多いので予約が取れにくいのですが、冬は肌を露出することはないので通おうと思う人も少なく、その分予約が散りやすくなります。

しかし、注意点が1つあり、寒い季節は肌が乾燥しやすく施術後のケアを他の季節よりも念入りに行わなければなりません。それさえ気を付ければ、冬はブライダル脱毛に最も適した時期といえます。

みんながやってる部位は?

結婚式が迫っていて全身脱毛が間に合わない時には、最低限の脱毛で済ませる人が多いようです。

どの部位を脱毛すれば良いのかは結婚式で着る服装によって違いますが、ウェディングドレスの場合は背中と手を含めた腕全体、うなじ部分です。ミニドレスの場合はここにひざ下までの脚の脱毛が入ります。一方、和装の場合は開きも少ないので、うなじ部分や手や指といった露出している部分だけで問題ありません。

また、洋装と和装に共通して必要なのは髪の毛を上げた時に目立つうなじ部分、手の甲や指といった指輪交換で注目される部分です。さらに、顔の脱毛もしておくとメイクのノリが良くなるのでおすすめですが、限られた時間では効果が出にくい場合があるのでエステに相談してから決めた方が良いでしょう。

ブライダルに強いサロンはここだ!

ブライダルに向けた脱毛を行っているサロンの中でも、特におすすめな3つのサロンの特徴をご紹介します。

1つ目はエステティックTBCです。このサロンは脱毛だけではなくフェイシャルエステに力を入れていてオーダーメイドプランを利用すれば自分が気になる部分のケアを中心にコースを組み立ててくれるのが特徴になっています。

2つ目は脱毛ラボです。このサロンの特徴は何といってもスピード脱毛コースがあることで、半年~1年で48カ所の脱毛ができます。なぜスピーディーなのかというと、最短2週間に1回、通常でも1カ月に1回の施術が受けられるのでコースを申し込んでも予約が取りづらいということがないからです。

そして最後の3つ目は銀座カラーです。全身脱毛コースもありますがそれに加えて豊富な部分脱毛コースがあるので、自分に合った部分を集中して脱毛することが可能です。また、全身脱毛の中でも期間に合わせて部位を細かく選ぶことができるのも特徴の一つです。