脱毛は痛い?

脱毛には切っても切り離せない問題があります。それは「痛み」です。この痛みがネックになり、脱毛を拒絶している女性も多いのではないでしょうか。

実際、脱毛をする際には必ず痛みを感じます。ただ、全ての脱毛が耐えられないほどのとんでもない痛みというわけではありません。痛みの度合いは、脱毛の種類、そして脱毛部位によって変わってくるのです。

脱毛の種類による痛みの差とは

脱毛には大きく分けて光脱毛とレーザー脱毛の二種類が存在します。レーザー脱毛は医療従事者しか行ってはいけないという法律があるので、クリニックなどでしか行われません。

対して光脱毛はそのような制約がないので、サロンやエステなどでも行うことができます。 この二種類の大きな違いは、機器が照射するレーザーのパワーです。レーザー脱毛は出力が高く、光脱毛は弱い、と考えてください。

そして、出力が高ければ高いほど、痛みも伴うことになります。そのため、光脱毛よりも、レーザー脱毛のほうが痛みは少ないということになるのです。

ただし、当然出力が高いほうが脱毛効果は高まります。光脱毛は何度か施術を受けないと効果を実感することはできませんが、レーザー脱毛であれば早い段階で効果を実感できるのです。 まとめると、効果が高いが痛みも強いほうを選ぶか、効果は薄いが痛みも弱いほうを選ぶか、という問題になってきます。

レーザー脱毛の痛みに耐え切れず、途中で脱毛を断念してしまったという人もいるので、自分が痛みに耐えられるかどうかをよく考え決断するようにしましょう。

部位による痛みの差とは

脱毛する際には部位により痛みの差もあるのですが、これは毛の濃さと、部位による皮膚の厚さによって差が出てきます。脱毛する場所の毛が濃ければ濃いほど、そして、部位の皮膚が薄く、骨の位置が皮膚の表面であればあるほど、痛みは強くなってしまうのです。 痛い場所の代表的な例を挙げるのならば、断トツでVIOとなります。

ムダ毛の中でも一番毛が太いですし、皮膚も薄いですので、かなり痛みを感じてしまうのです。また、ワキやうなじ、眉毛なども痛みを感じやすい部位ですので覚えておきましょう。

逆に、お尻や背中、お腹などは毛が細く、肉がたくさんついているため痛みは少なくなります。 とはいえ、麻酔で痛みを感じにくくしてくれる場所も多いですので、一概にこれだけの情報で痛みを語ることはできません。気になる方は、サロンやクリニックに問い合わせてみましょう。