脱毛の種類

脱毛の方法はいくつかあります。

大きく分けると、自宅でできるもの、脱毛サロンや医療機関で行うものに分かれます。

自宅でできる脱毛(自己処理)

いわゆる自己処理という類いの脱毛方法はいくつかあります。

  • カミソリ
  • 脱毛クリーム
  • 脱毛ワックス
  • 毛抜き
  • ガムテープ

自己処理は即効性のあるものばかりです。明日プールに行く、明日デートだ。そんなときいつでも簡単にでき安価です。

しかし、このサイトでは自己処理はお勧めしていません。なぜなら、自己処理は肌にダメージを与える可能性が高いからです。何度も自己処理をしているうちにだんだんと黒ずんできたりガサガサになってきたりと何らかの肌トラブルが起きやすいのです。本当にキレイになりたいなら美肌まで考えられた脱毛サロンやクリニックでプロの脱毛をしてもらう方がお勧めです。

光脱毛(フラッシュ脱毛)

光脱毛(フラッシュ脱毛)は、現在脱毛サロンでで主流になっている方式です。

光脱毛は、ムダ毛の黒い毛乳頭や毛母細胞に反応する光をストロボのように一瞬当ててダメージを与えます。それにより、毛を生えにくくするという脱毛方式です。

光脱毛は医療機関で行われるレーザー脱毛とは違います。強い光をストロボのように当てるのは同じですが、医療レーザーの方がパワーがあり毛根細胞を破壊してしまいます。一方、光脱毛は毛根細胞を破壊するまでにはならないので永久脱毛とはいえずまた時間をおくと生えてきてしまいます。ただ、光脱毛でも毛乳頭の発育を抑えるため自己処理に比べれば圧倒的に手入れは楽になります。

光脱毛のメリットは医療レーザーに比べて痛みが弱いという点です。また、肌へのダメージも少ないので大きな事故になることも少ないと言われています。また、医療脱毛よりも料金が安く格安プランが多いのも特徴です。

一方、光脱毛のデメリットは、医療機関ではないので施術者のレベルによって効果に違いが出やすいという点です。また、毛質によっては効果が出づらく施術回数がかさむため、医療レーザー脱毛よりもトータルで費用が高くなる可能性もあります。つまり、剛毛の人は医療レーザーで確実に脱毛する方が安く済むかもしれないということです。

尚、光脱毛は、黒い色素に反応するので、うぶ毛や色の薄い毛、白髪には効果がありません。また、ほくろや日焼けした肌にも肌にダメージを与えてしまうため施術できません。

次に、光脱毛の中でもサロンによって使用する脱毛マシンの違いを解説します。

S.S.C.脱毛

S.S.C.脱毛は、イタリアで研究開発された「スムーススキンコントロールメソッド」という理論に基づいた脱毛法です。

S.S.C.脱毛は、美白成分や抑毛成分が含まれたジェルの上からフラッシュを照射することで、光だけの場合より美白効果も得られるという特徴があります。同じ光脱毛の中でもジェルの効果でほとんど痛みを感じなく、お肌に直接ダメージを与えることもありません。そのため、はじめて脱毛する人に向いていると言われています。

S.S.C.脱毛を取り入れたサロンには、ミュゼプラチナムが有名です。

IPL脱毛

IPL脱毛は、他の光脱毛とは異なる特殊な光を使用した脱毛法です。

特殊な光を使うことで、広い範囲の太さの違う毛に反応するため、効率的に短時間に広い範囲の脱毛ができるのが特徴です。その特徴を生かして全身脱毛に向いていると言われています。

IPL脱毛を取り入れたサロンとして有名なのは、銀座カラーです。銀座カラーでは、更に美肌効果のあるローションを併用することで、肌荒れしにくい工夫をしています。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、黒いメラニン色素に反応するレーザー光を照射して、毛母細胞、毛乳頭を破壊する方式です。光脱毛と違うのは永久脱毛が可能な点です。

医療レーザー脱毛は、医療機関でのみ使用することのできる設備なので、脱毛サロンやエステでは使用することができません。皮膚科や美容外科(クリニック)でのみ扱っている施術となります。

医療レーザー脱毛は、永久脱毛が可能なので確実に脱毛をしたい人に向いています。また、光脱毛では効果が出にくい剛毛の人、毛の多い人にもお勧めです。ただ、光脱毛よりも痛みが大きいというところが敬遠される理由です。

また、費用的にも脱毛サロンの光脱毛よりも1回あたりの施術費用は高額になります。ただ、光脱毛よりも施術1回あたりの効果が高いので施術回数が少なくて済めばトータル費用は同じかむしろ安く済む場合もあります。髪質や毛の量、脱毛部位によって個人差がでるので一度カウンセリングを受けることをお勧めします。

医療レーザー脱毛のメリットは、なんと言っても「永久脱毛」が可能だということです。光脱毛は時間がたてばまた生えてきてしまいます。また、医療機関なので何かトラブルがあればすぐに医療的処置が行ってもらえるという安心感があります。脱毛サロンでもトラブルがあれば提携の医療機関に依頼する体制はとられていますが、なんと言ってもその場で処置のできる医療機関という安心感は大きいでしょう。

医療レーザー脱毛のデメリットは、光脱毛に比べて痛みが強いということと、1回あたりの施術費用が高いという点です。しかし、上述の通り医療レーザーは光脱毛に比べて施術1回あたりの効果が高いので通院回数が少なくて済めばトータル費用は安く済む可能性があります。

医療レーザー脱毛も、光脱毛と同様に黒い部分に反応するため、白髪や薄い毛には反応しずらく、ほくろや黒い肌、色素沈着した部分には施術できないことがあります。

ニードル脱毛(電気脱毛)

ひと昔前までは、脱毛と言えばニードル脱毛が主流だったそうです。

ニードル脱毛は、毛穴に針を刺して電気を流して毛乳頭を破壊する脱毛方法です。毛穴1つずつ施術していくので光脱毛やレーザー脱毛に比べるととても時間がかかるのと、痛みも強いと言われています。

痛みや時間がかかることで敬遠され、最近ではニードル脱毛をするところは減ってきました。しかし、ニードル脱毛はレーザー脱毛と同様に永久脱毛の効果があり、白髪や色素沈着した部位でも脱毛できるという特徴があります。

毛の薄い人、白髪でも脱毛したい人、色素沈着して光脱毛やレーザー脱毛ができない人には唯一の選択肢となります。ニードル脱毛は、医療レーザー脱毛と同様に医療機関でのみできる脱毛方法です。

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器はその名の通り家庭でできる脱毛ですが、方式としては脱毛サロンやクリニックと同じ光脱毛やレーザー脱毛があります。それらの機器を小さくしたものです。レーザー方式は出力が小さいので医療機関でなくても使えるようになっています。

家庭用脱毛器は脱毛サロンやクリニックと同じ方式なので同様の効果が得られると考えるのは誤りです。なぜなら、家庭用脱毛器はサロンの使う機器に比べて出力は小さく一度に処理できる範囲も狭いです。だから、毛が多い人、剛毛の人にはなかなか効果が出ずらいと言われています。また、自分で施術するので当然ながら自分の手の届く範囲しか脱毛できません。VIOや背中などは難しいでしょう。

また、家庭用脱毛器は脱毛サロンと同様に黒い部分に反応しますから、特にデリケートで黒ずみのある箇所に使うには注意が必要です。失敗して火傷してしまう人も少なくないと言われいます。そういった失敗があっても自己責任ということになり治療が必要なら自分で病院に行かなければなりません。脱毛サロンやクリニックなら、プロの判断で火傷などの事故が無いように施術できますし万が一のことがあっても適切な処置をすぐにとってもらえるという安心感があります。

家庭用脱毛器は自己処理同様にあまりお勧めしませんが、どうしても脱毛サロンは恥ずかしい、通う時間が無い、脱毛箇所が限られているという人には選択肢となるでしょう。