脱毛サロンをお得に「掛け持ち」したい、バレても大丈夫? 安全性は大丈夫?

脱毛サロンでは、それぞれのお店ごとに「お得なキャンペーン」を行っています。

上手に掛け持ちをすれば、通常料金よりも格安料金で全身のかなりの部位を脱毛できます。

しかし複数の脱毛サロンを掛け持ちしていると「バレた時に怒られたり違約金を払わされるのでは」「キャンペーンに同じ部位が重なっていると肌の安全面が心配」と思う人もいるでしょう。脱毛サロンで掛け持ちは可能なのか、安全面やメリット・デメリットについて紹介します。

掛け持ちはルール違反ではない

まずは結論から先に言うと、脱毛サロンの掛け持ちには特に規定はありません。 掛け持ちをしても怒られることもないし、違約金も発生しないのです。

但し、脱毛サロンによっては、同じ部位を掛け持ちで施術することはできません。 理由は、他の脱毛サロンでどの様な施術を受けたかが分からない為に、万が一肌トラブルが起きる可能性が高いからです。 同じ部位に関しては、他の脱毛サロンでの契約が終了して、尚且つ1ヵ月以上経過していないと受け付けて貰えないというところも多くあります。 つまり、その様なサロンの場合、前の章の例の様に2つの脱毛サロンで「両ワキ」が重なっている場合、どちらか一方でしか受けられないことになります。

そして、同じ部位でも掛け持ちOKとなっているところは、完全に自己責任となります。 もし同じ部位で掛け持ちをする場合、安全面だけではなく毛周期を考えても、最低2ヶ月は施術の間隔を空けることが大切です。 料金の安さばかりにとらわれず、同じ部位の脱毛は1ヶ所の脱毛サロンにしておくことを強くおすすめします。

一方、もし全く違う部位の脱毛であれば、掛け持ちをしてすぐに施術を受けても問題はありません。

隣接する部位の掛け持ちにも要注意

掛け持ちをする際に、部位が違っても隣接する部位を違う脱毛サロンで施術するのは注意が必要です。 理由は、脱毛サロン毎に範囲の広さが違う為に、照射面が重なってしまう可能性があるからです。 脱毛は肌にレーザーを当てる行為ですので、肌への刺激が強すぎて炎症を起こしてしまったり、逆に照射漏れで境目が出来てしまうこともあります。

掛け持ちで脱毛をするメリット

掛け持ちで脱毛サロンに通う時には、易さに魅かれて漠然と通うのではく、自分のムダ毛の状態を知り、目的を持つ必要があります。 以下の様なメリットがあることを知っておきましょう。

様々な脱毛サロンを比較できる

脱毛サロンは、通い始めると1年、2年と継続になります。 後悔しない為には、サロン選びは時間をかけてじっくりと行うのがおすすめです。 1ヶ所カウンセリングと体験を受けただけで決めてしまうと、後から「やっぱりこっちのサロンの方が自分に合っていた」と後悔する人も多くいます。 掛け持ちをすることで、出来る限り多くの脱毛サロンの体験コースを比較してから、長く気持ち良く通える1つと契約ができるというメリットがあるのです。

部分脱毛だけができる

体質により、ワキやVIOは処理したいけれども、その他の部位は大してムダ毛が気にならない、という人もいます。 その場合、全身ではなく部分脱毛で十分ですが、全身脱毛に比べてパーツ別の契約は割高なところが多くなります。 全身脱毛はしたくない、気になるパーツだけをお得に処理したいと思う人にとっては掛け持ちによるメリットが大きくなります。

回数パック終了後に追加できる

コースとして6回や12回などのパックプランで契約をしたものの、終了後に満足できないこともあります。 追加契約をすると更に高いお金がかかってしまうという時に、他の脱毛サロンのキャンペーンで残った回数分を補う様に掛け持ちが出来るというメリットがあります。 また、全身脱毛を終了したけれども、ワキやVIOなど、毛質が濃い部分だけまだ気になる、という人も掛け持ちがおすすめです。

掛け持ちで脱毛をするデメリット

掛け持ちで脱毛をするデメリットには以下の点があります。

全身脱毛はできない

脱毛サロンで格安キャンペーンを行っている部位は、基本的に「両ワキ・VIO・顔」が殆どです。 その他の部位があってもお試しに1回のみになっています。 掛け持ちで結果的に全身脱毛をすることを考えていると、返って高くついてしまいます。

自己管理が難しい

複数の脱毛サロンに通うとなると、通う回数が増えるのでスケジュール管理が難しくなります。 キャンセルが利かないサロンもあり、1回分ムダになってしまいます。

カウンセリングを受ける必要がある

お試しキャンペーンは、いずれも新規に契約する人向けです。 複数の脱毛サロンに通おうと思うと、それだけカウンセリングを受ける必要があり、手間も時間もかかります。

まとめ

脱毛サロンを掛け持ちする時には、同じ部位、或いは隣接する部位は避けた方が良いでしょう。

格安キャンペーンの対象の部位は非常に限られています。

自分がどの部位を脱毛したいのか、はっきりと決めておいてから掛け持ちを始めることが大切です。また、料金を安く抑えようと思ったら、多少の手間がかかることは覚悟しておくべきです。