脱毛効果はアフターケアで決まる?ベストなケアとNGなケアをご紹介

せっかくサロンやクリニックで脱毛するのなら、高い効果を得るために、腕の良いスタッフに施術してもらいたいですよね。

ところが、実は脱毛効果の高さを決めるのは、スタッフの腕だけではありません。

施術後のセルフケアも、大いに関係してきます。

「かなり効果が出た♪」 と喜んでいる人ほど、ケアに力を入れているものですよ。

そこでここでは、具体的なケア方法をご紹介しますね。

ベストなケアとNGなケア。

これから脱毛をする人は、ぜひ覚えておきましょう。

保湿が最重要!

施術後のアフターケアで、何よりも大事なことは「保湿」です。

保湿しなければ、脱毛が失敗に終わる可能性が出てきます。

次回の施術の効果が出にくくなったり、そもそも施術が不可能になったりするのです。

なぜ保湿がこれほど重要なのでしょうか。

これは、施術後の肌が乾燥しやすくなるからです。

肌が乾燥する理由

脱毛では、一般的に光が使われますよね。

サロンでは、主にインテンスパルスライトが。

クリニックでは、レーザーが使われています。

この光が、肌を乾燥させるのです。

これらの光には、色の濃い物に熱を与えるという性質があります。

そのため肌に照射すると、黒いムダ毛のみが強く熱されます。

すると内部から破壊されて、抜け落ちるわけですね。

一方肌は、ムダ毛と比べると色が薄いので、熱の影響をあまり受けません。

ところが、完全にノーダメージというわけではありません。

肌にも多少の色がついているので、ある程度は熱されます。

また、ムダ毛に与えられた熱がいくらか伝わってきます。

これらにより、火照ったような状態になってしまうのです。

この火照りが続けば続くほど、肌は乾燥します。

水分は肌を刺激から守っているので、乾燥により水分が少なくなれば、肌は荒れやすくなります。

カサついたり、チリチリと痛んだりするのですね。

乾燥させたままだと…

この状態では、次回の施術がスムーズに進まなくなります。

なぜなら、少々の光でも肌が刺激を受けてしまうからです。

光を浴びせると、余計に乾燥したり、強い痛みが生じたりするのですね。

そのためサロンでもクリニックでも、荒れた肌にはかなり弱いパワーで光を照射します。

肌の安全のために、パワーを下げざるを得ないのです。

パワーが弱ければ、当然脱毛効果は低めになりますよ。

最悪の場合、「安全な施術ができない」ということで、キャンセルされてしまうことも…。

こういったトラブルを回避するために、保湿ケアが必要なのです。

ケアの手順

具体的に、どのようなケアをすれば良いのでしょうか。

まずは、肌をしっかりと冷やしてください。

  • 冷たいシャワーを浴びせる
  • ガーゼに包んだ保冷剤で冷やす よく行われているのは、この2つですね。

どちらの場合も、火照った肌がひんやりとします。

ある程度冷えたら、ローションを塗りましょう。

  • ヒアルロン酸
  • セラミド などの保湿成分がたっぷりと配合されたものを選んでくださいね。

あらかじめ冷蔵庫に入れておき、冷やしたものを塗れば、火照りを抑えることもできて一石二鳥。

この、「冷やす+ローションを塗る」というケアを、最低でも1日2回は行いましょう。

朝の起床後、夜の入浴後がおすすめです。

これら以外でも、肌の火照りを感じた時には、できるだけケアしてください。

こまめにケアすることで、肌は施術のダメージからみるみる回復していきますよ。

抗炎症と抑毛も大事

ローションは、保湿成分だけでなく、抗炎症成分と抑毛成分も配合されているものがベターです。

代表的な抗炎症成分は、この2つです。

  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • アロエエキス

炎症が抑えられれば、肌は火照りにくくなりますよ。

そして主な抑毛成分は、この3つ。

  • パイナップルエキス
  • パパイヤエキス
  • 大豆エキス

パイナップルとパパイヤのエキスには、ムダ毛の材料になるたんぱく質を壊す酵素が含まれています。

そして大豆のエキスには、ムダ毛を生やそうとするホルモンを抑えるイソフラボンが含まれているのです。

いずれも、ムダ毛の再生を防いでくれます。

再生しにくくなれば、カミソリなどで剃る回数が減りますよね。

これにより肌荒れが、一層防がれやすくなるのです。

NGなケアは?

逆に、「これをやったら絶対にダメ!」というケアもあります。

  • 熱いシャワーや入浴で肌を温めること
  • 再生してきたムダ毛を頻繁に剃ること
  • ローションを強く肌に塗り込むこと

これらをすると、肌は一層乾燥しやすくなります。

温めれば、火照りが長く続きますよね。

剃ったり強く塗り込んだりすれば、摩擦で肌が削れて薄くなります。

どちらの場合も、肌の水分が抜けやすくなってしまうのです。

そのため、入浴はできるだけサッと終わらせましょう。

ムダ毛の処理は最低限にしておきます。

そしてローションは、肌を優しく撫でるように塗ってください。

熱や摩擦によるダメージを与えなければ、肌はスムーズに回復していきます。

そして次回の施術までには、しっかりと潤った状態になります。

潤っていれば、光をしっかりと照射してもらえるので、脱毛効果が出やすくなりますよ。

まとめ

いかがでしたか? 脱毛効果は、アフターケア次第で高くなるとおわかりいただけたのではないでしょうか。

とにかく大事なことは、施術後の冷却と保湿です。

冷水や保冷剤で十分に冷やした上で、ローションで保湿成分をたっぷりと与えてください。

抗炎症成分と抑毛成分も大事ですよ。

くれぐれも、熱と摩擦による刺激を与えないように。

肌の状態を良くするアフターケアは、必ずツルスベ肌への近道になってくれます!